産業お役立ちコラム

【腸内環境改善】ヨーグルトは食べ方で効果が違ってくる?

【腸内環境改善】ヨーグルトは食べ方で効果が違ってくる?写真

腸内環境をより良くするためのヨーグルトの食べ方

腸内環境をよくするための食べ物としてよく知られているのはヨーグルトですよね?

朝食などに取り入れる方が多いのではないでしょうか。実はヨーグルトを食べて、腸内環境をよりよくするために大切なことが2つあります。それは、他の食べ物との組み合わせや、ヨーグルトを食べるタイミングです。

今回は腸内環境をより良くするヨーグルトの食べ方をご紹介します。

【ヨーグルトを食べるタイミング】

食後に食べるのがおすすめです。空腹時にヨーグルトを食べてしまうと、胃酸によって乳酸菌やビフィズス菌が腸に届く前に弱り、死滅してしまう可能性があります。食後にヨーグルトを食べることで、胃酸が薄まり、町まで届く乳酸菌やビフィズス菌をより多く残すことが出来ます。

【他の食べ物との組み合わせ】

バナナヨーグルト.jpg

ヨーグルトと一緒に食べるのにオススメの食品は、りんごやバナナなどのフルーツです。ヨーグルトに含まれる乳酸菌などはオリゴ糖を含む果物と一緒に摂取する事で、

乳酸菌やビフィズス菌の栄養源となり、腸内環境をより良くしてくれる働きがあります。また、市販のオリゴ糖をヨーグルトにかけて召し上がっていただくのもおすすめです。

せっかくヨーグルトを食べて腸内環境を良くするなら、効率的に乳酸菌を増やしたいですよね。まずは、食後に果物とヨーグルトを食べる習慣をつけて腸内環境を整えていきましょう。

参考文献:サワイ健康推進課 腸内環境を整えるカギは「シンバイオティクス」。 便秘解消、感染症防御にも! https://kenko.sawai.co.jp/food/202004.html

「従業員の健康」産業お役立ちコラム

教えて&答えて交流掲示板

産業事例紹介

ニュース・お知らせ

イベント