産業お役立ちコラム

ヘルシーにお肉を食べる

ヘルシーにお肉を食べる写真

減量したい方の栄養相談内容として、お肉はダイエット中に食べてはいけないのかと聞かれることがあります。お肉は脂肪も多そうだし、カロリーが高そうと話される方が結構いらっしゃいます。実は部位や食べ方をマスターすれば、イメージを覆すことができます。今回はお肉をヘルシーに食べるポイントをご紹介します。

お肉をヘルシーに食べる時のポイント

まず、お肉は主に脂質、たんぱく質を含みます。この2つの成分で太りやすいイメージがあるのは脂質だと思います。脂質は中性脂肪やコレステロールなどにも影響し、摂りすぎるとダイエットの妨げになるだけでなく、動脈硬化などの疾病にも繋がってしまいます。一方、たんぱく質は筋肉や血管、また髪や爪にも欠かせない栄養素のため、ダイエット中にもしっかり摂ってほしい成分です。

そこで、脂質を上手に調整してお肉を食べることが重要となります。

ポイントは部位を選ぶことと調理法を考えることの2つです。

おすすめの部位は牛肉、豚肉であればヒレ肉肩肉もも肉鶏肉ならささみ胸肉です。鶏肉は皮なしを選ぶようにしましょう。

調理法では焼く、煮る、蒸す、ゆでるなど、炒め物のように油を使わない方法がおすすめです。また、下ごしらえでは、皮や脂肪を取り除きじっくり焼いて脂を落とすと脂質控えめになります。フライパンより網焼きや魚焼きグリルで焼く方が落とした脂を摂らずにすみます。

お肉をダイエットの味方にして、我慢しない食事を楽しみたいですね。

「従業員の健康」産業お役立ちコラム

教えて&答えて交流掲示板

産業事例紹介

ニュース・お知らせ

イベント