産業お役立ちコラム

注目!貝類ならではの栄養素とは?

注目!貝類ならではの栄養素とは?写真

みなさん、貝類よく食べますか?手ごろな価格で、旨味が強くおいしいので、あさりパスタなどお好きな方も多いのではないでしょうか。じつは健康にうれしい栄養素がたくさん含まれている事をご存知でしょうか?

今回はスーパーなどでも手に入りやすく身近な貝類『あさり』『しじみ』『牡蠣』の3種類に多く含む栄養素に注目してご紹介いたします。

鉄分

レバーや赤身の肉や魚に多く含まれている印象が強いと思いますが、あさり、しじみ、かきも多く含まれています。

また、吸収の良いヘム鉄のため、鉄分を積極的に摂りたい方は、水煮缶なども利用しながら取り入れると良いでしょう。特にあさりには、赤血球の生成を助けてくれるビタミンB12も多く含まれているので、貧血対策におすすめです。

亜鉛

爪や皮膚、骨、生殖機能など体内のあらゆる場所で働く酵素の構成成分亜鉛。不足すると味覚障害や皮膚炎、食欲不振などが起こります。特に牡蠣には多く含まれますが、亜鉛の一日の必要量は「男性12mg・女性10mg」。牡蠣1(20g)に含まれる亜鉛の量は2.6mgですので、男性なら5個、女性は4個が一日の目安になります。

低カロリー・低糖質

あさり、しじみ、かきは脂質や炭水化物が低いので、脂質や炭水化物が気になる方でも取り入れやすい食材です。

貝類に限らず、一つの食材だけから摂ろうとすると、飽きてしまったり、栄養バランスの崩れにもつながったりするので、いろんな食材を組み合わせて摂るといいでしょう。おいしくて栄養たっぷりな貝類を、是非日常に取り入れてはいかがでしょうか。

「従業員の健康」産業お役立ちコラム

教えて&答えて交流掲示板

産業事例紹介

ニュース・お知らせ

イベント