産業お役立ちコラム

油のチカラご存じですか?

油のチカラご存じですか?写真

「油」と聞いて、どのようなイメージを持ちますか?健康面で考えるとマイナスのイメージを思い浮かべる方も多いかもしれません。
今回はそんな「油」が持つ健康に役立つ働きをご紹介します。

油の種類

油は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の二つに分けられ、飽和脂肪酸は常温で固体のものが多く、脂身・バター・チョコレートなどお肉や乳製品に多く含まれています。不飽和脂肪酸は常温で固形または液体のものが存在し、魚油・オリーブ油・ナッツ類など魚や植物性の食品に多く含まれています。

働きについて

油には脂溶性ビタミンの消化・吸収を高める働きがあります。また、不飽和脂肪酸の中には体で作ることのできない「必須脂肪酸」と呼ばれるものがあるくらい私たちの体には欠かせません。必須脂肪酸は、n-6系とn-3系に分けられます。

これらは、細胞や神経など組織を作る大切な栄養素であるとともに、血液中の脂質を正常に保つ事で冠動脈疾患の発症の予防にも期待されています。最近のテレビCMでよく耳にする「オメガ脂肪酸を摂ろう」とは、まさにこのn3系のことを示しています。現代の食事では、n3系の不足が目立っているため、調味料のみならず健康食品も発売されていますね。

含まれる油と食材

n-6系脂肪酸:大豆油、ごま油

n-3系脂肪酸:アマニ油、えごま油、青魚の脂

※アマニ油は酸化しやすいためサラダやみそ汁など食べる直前にかけて食べる生食向け

いかがでしたか?あなたも今日から必須脂肪酸を含んだ油を取り入れてみてはいかがでしょうか。

「従業員の健康」産業お役立ちコラム

教えて&答えて交流掲示板

産業事例紹介

ニュース・お知らせ

イベント