産業お役立ちコラム

『○○の秋』、上手に楽しもう!

『○○の秋』、上手に楽しもう!写真

食欲の秋、スポーツの秋、読書・芸術の秋・・・過ごしやすい秋になったからこそ、始めたい・やりたいこと、たくさん浮かびますよね。なかでも、「食欲の秋」は、毎日の食事に関わり、一番皆さんが身近に感じるものではないでしょうか。
美味しいものを楽しみたい反面、「体重が増えてしまうのでは・・・」と心配になる方もいらっしゃるでしょう。

食べても太らない人は上手に調整をしている

年齢を重ねても、ずっと健康で体型も変わらず過ごせている方は、“美味しい物を我慢せず楽しみ、あとは「調整」する”この繰り返しをしています。人は食べたあと、消化・吸収・代謝に時間がかかります。タンパク質、脂質、糖質は、それぞれ消化・吸収・代謝にかかる時間が異なり、その人の体質や腸内環境によっても変わります。そのため、食事を1回ぐらい食べ過ぎたからといって、すぐ太るわけではないのです。食べ過ぎたら2〜3日程度で調整するのが、身体への負担が少なくおすすめです。

具体的にどんな調整をしているのか

調整とは、単に食事量を減らすことではなく、ご自身の「空腹感」と「満腹感」を意識することから始まります。

食事前に本当に“空腹感”があるのかを確認
食事中は五感を使い、じっくり味わう
次の一口の前には一呼吸を置く
途中で“満腹”であれば箸を置く

「我慢」するのではなく、空腹感と満腹感、そして身体に栄養が吸収されるのをゆっくりと感じることが、ポイントです。気をつけたいのは、1回の食べ過ぎではなく、食べ過ぎている状態が習慣化することなのです。

食欲の秋、楽しむためのコツとして、“調整すること”取り入れてみませんか?

「従業員の健康」産業お役立ちコラム

教えて&答えて交流掲示板

産業事例紹介

ニュース・お知らせ

イベント