産業お役立ちコラム

秋の味覚「きのこ」で疲労回復

秋の味覚「きのこ」で疲労回復写真

秋は収穫の季節であり、秋は1年の中で最も旬の食材が豊富です。秋の食材は夏の疲れをとる働きがあり、これから迎える厳しい冬に備えた体作りに役立つと言われています。そんな秋の代表的な旬食材といえば「きのこ」。
きのこはローカロリーで且つ様々な栄養素が含まれ、美容や健康に嬉しいメリットがたくさんありますが、近年では、免疫力アップへの効果に注目が集まっていることご存じでしょうか。
今回は、きのこに含まれる今の時期しっかり摂りたい栄養素や免疫力アップに役立つおすすめの食べ方などご紹介します。 

食物繊維(βグルカン)

腸には免疫に関わる細胞の7割が存在するため、免疫力を高めるには腸内環境を整えることが必須とされています。
食物繊維には水溶性と不溶性の2種類がありますが、きのこにはその両方がたっぷり含まれ、なかでも、しいたけやまいたけに多く含まれるβ-グルカンは、免疫細胞のはたらきを活発にするとされ、免疫力を上げる働きが注目されています。

ビタミンD

骨を強くすることで知られていますが、ここ数年では、“免疫機能を調整する働き”が注目されています。ウイルスや菌に対して、感染症の発症予防効果も期待されており、また、摂取することが筋肉維持に関与することなどもわかっています。
ビタミンDは天日干しにすると増えるので、カサの部分の内側を上にして、食べる前に2時間ほど、紫外線にあてると良いですよ。また、脂溶性のため、油といっしょにとる調理法が良いでしょう。

ビタミンB群

三大栄養素である糖質やタンパク質、脂質の代謝に働きかけてくれるビタミンB群が豊富に含まれています。美肌や疲労回復にもひと役買ってくれるので、女性や育ちざかりの子どもにとって、心強い味方と言えるでしょう。
水に溶けやすいため、スープなど煮汁も一緒にとるようにするとさらに効果的に摂取できます。

ただし、一度にたくさん食べたからといってすぐに免疫力が向上し、健康効果が期待できるわけではありません。
他の旬食材とあわせて、いろいろなきのこを日常的に取り入れて、味わってみてはいかがでしょうか。

「従業員の健康」産業お役立ちコラム

教えて&答えて交流掲示板

産業事例紹介

ニュース・お知らせ

イベント