産業お役立ちコラム

脂質は摂らないほうが良い?

脂質は摂らないほうが良い?写真

アブラに対してどのようなイメージをお持ちですか?アブラはダイエットの大敵と感じている方もいるかもしれません。

カロリーの差

アブラには、液体の油と固形の脂がありますが、合わせて油脂(脂質)と呼ばれています。脂質は1gあたりのエネルギーが9Kcalで、炭水化物やたんぱく質の1gあたり4Kcalと比べると倍以上になります。つまり、脂質を多く含む食品ほどエネルギーも高いという事が分かります。では、脂質はできるだけ摂らないほうが良いのでしょうか?脂質には、動脈硬化を起こしやすいといわれるマーガリンや脂身以外に、体に良いといわれているオリーブオイルや魚の脂など様々な種類があり、どんな脂質も極端に制限しなければいけないということではありません。脂質を摂るならなるべく体に良いものを摂りたいですよね。

食材による違い

豚肉でも、脂身の多いバラ肉や挽き肉と、赤身の多いモモ肉やヒレ肉では、エネルギーに大きな差があります。カロリーを気にしている方は、脂質が多い部位を避けて赤身部分を選ぶというのも良いのではないでしょうか。
お魚はあまり食べないという方は、旬なものを取り入れたり、魚油と同じ成分の油も利用したりすると、簡単に工夫ができます。
脂質は食後胃の中に留まる時間が長いため、腹持ちは良いのですが、胃腸が弱っている時には負担が掛かってしまう場合があります。胃痛や下痢時など、胃腸の調子が良くない時には、あまり脂質を多く含まないものが良いでしょう。

アブラとの付き合い方は、体調を見ながらバランスの良い食事を心掛けて行きましょう。

「従業員の健康」産業お役立ちコラム

教えて&答えて交流掲示板

産業事例紹介

ニュース・お知らせ

イベント