産業お役立ちコラム

生姜の力

生姜の力写真

一段と寒さが増してきましたね。今回は生姜のお話です。冬になると生姜湯を飲みたくなるのは私だけでしょうか?
生姜が体を温める事は、もはや誰もが知っている話かもしれません。ですが実は生姜は食べ方によって体を冷やすこともあるということをご存知でしたか?
生姜の栄養素の一つにジンゲロールがあります。この栄養素を加熱や乾燥するとショウガオールに変わります。
この2つの栄養素の働きの違いに注目です。

ジンゲロール

殺菌作用が強く、また体の抹消血管を拡張させ血流を良くし発汗を促す働きがあるので解熱作用があると言われています。一時的にはポカポカ温まる感じはしますが、熱を放出しているので、体の内部の温度は下がっていきます。酸素に弱いので風邪の引き初め等に摂取するときは生の生姜をすりおろしてすぐに摂取することをお勧めします。またお刺身やお寿司にガリが添えられているのは生姜の殺菌作用の効果を活用するためです。

生姜 ガリ.jpg

ショウガオール

同じように血行を促進しますが、より体の内部から温めてくれます。また、身体を持続的に温めてくれるため、お風呂に温まっても手や足の先だけがずっと冷えているという方は乾燥や加熱した生姜を召し上がる事をおすすめします。
血流が改善し体温が上がると、免疫力もアップし、またダイエットや肩こりの改善などの助けになってくれることでしょう。

生、加熱での特性の違いを上手く活用し、この冬はぜひ生姜を摂り入れて健康に役立てましょう。

「従業員の健康」産業お役立ちコラム

教えて&答えて交流掲示板

産業事例紹介

ニュース・お知らせ

イベント