産業お役立ちコラム

冬が旬の野菜

冬が旬の野菜写真

最近一気に寒くなり、本格的に冬が始まりましたね。冬は食物が育ちにくい環境ですが、そんな中でも寒い冬に負けずに美味しく育つ野菜がいます。旬の野菜は値段が安くなるばかりでなく、栄養価もアップするので積極的に取り入れていきたいですね。今回はその中でも特に冬に栄養価が高くなる野菜、ほうれん草をご紹介したいと思います。

冬のほうれん草、ビタミンCは約5倍 

ほうれん草の旬の時期は夏と冬の2つあり、その中でも冬の寒締めほうれん草は、冬の冷たい空気にさらされ、糖度が増すだけでなく、ビタミン類も豊富になります。

ビタミンC100g当たりで比較すると9月が17mgだったのに比べ、12月は84mgと約5倍も含有量がアップしていたことが一部の調査で分かりました。旬で価格が安くなっている中で、栄養価もアップするとてもコストパフォーマンスの良い野菜ですね。また、茹でるとかさが減り、たくさん食べることができるので、食物繊維の摂取量もぐんとアップします。

ほうれん草をおいしく食べよう

ほうれん草はえぐみがあるので一度湯がいてから、水にさらすことでえぐみがとれ美味しく食べることが出来ます。冬に食べるなら、スープ等に入れて食べるのが体も温まり水溶性のビタミンを逃さず摂れるのでおすすめです。葉物野菜が苦手なお子様には、牛乳やコンソメスープと一緒にミキサーで混ぜてポタージュにしても美味しくいただけます。

旬の野菜をしっかり食べて、これからの寒い冬を乗り越えたいですね。

 

「従業員の健康」産業お役立ちコラム

教えて&答えて交流掲示板

産業事例紹介

ニュース・お知らせ

イベント