産業お役立ちコラム

仕事も勉強も「朝食」で全てが決まる!?

仕事も勉強も「朝食」で全てが決まる!?写真

「ちょっと飲みすぎて朝食はパスかな・・・」そんな日が続いていませんか?

食べ物に含まれる糖質が分解されて得られるブドウ糖は、脳にとって唯一のエネルギー源になります。脳は就寝中も活動を続けているため、夕食から朝食までの間、10時間近くエネルギーの供給がストップすることに。

そんな状態下では、脳が完全にエネルギー切れを起こすため、良い仕事が出来るはずがありません。 このことは子供の学力も同様です。文部科学省が実施した「平成30年度全国学力・学習状況調査」ではっきりしたことは、朝食を食べる子、食べない子では学力の差が歴然としていること。

グラフを見て分かるように、平均正答率で10~20%近くも差が出ていることには驚きです!またスポーツ庁が実施した「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」でも、毎日朝食を食べている子は食べていない子より体力合計点が高いことが実証されています。

「朝は1分でも長く寝たい!朝食と昼食は兼用で」と考えがちですが、朝食を抜くことで体温が上がらず昼食後に下がっていた血糖値が一気に上昇するため、強い眠気に襲われやすくなります。

「最近、記憶力に自信がなく集中力もないな」と感じた時こそ、まずは「朝食」を見直してみて下さい。ちなみに、血糖値が上がりづらいご飯ものはパンよりも中性脂肪になりづらく、太りやすくなった年代の方にはおススメです。

20211103222927-85798b313b3076bed7c5d104734dcfe2bd8cc852.png

「従業員の健康」産業お役立ちコラム

教えて&答えて交流掲示板

産業事例紹介

ニュース・お知らせ

イベント